常緑樹や落葉樹、庭木のシンボルツリー情報・人気おすすめのシンボルツリー

MENU

シンボルツリー,落葉,常緑,庭木

シンボルツリーとはその家にとってのシンボル的存在になる、ぱっと見て印象に残るように気を本植えることを言います。
何も植物が植えていない家は何か足りないようなイメージを持ちませんか?
玄関の前に1本木を植えるだけでも、殺風景な印象を変え、自然との調和が取れる家に生まれ変わります。
シンボルツリーとして人気があるのが、株立ちの木で、自然と株立ちになる木もあれば数本の木をより集めて株立ちとしているものもあります。
その木の性質をよく理解し、株立ちのシンボルツリーを植えてみましょう。
元々株立ち状に作られており、人の背より少し高い程度の木を植えると見栄えが良いです。
株立ちの木は数本の幹が出ているので、大きくなりにくい性質を持ち、複数の幹と葉が集まって玄関の目隠しともなります。
洋風の住宅が増えていることから、ヤマボウシ、ナツツバキなどが人気です。
どちらも株立ち上の木が売られており、特にナツツバキは自然の木形が美しいのでシンボルツリーに適して、また和風の庭にも合わせる事が出来ます。
北欧風の住宅には、コニファーを数本植えて見るのも良いでしょう。
落葉もすることが無く、大きくなりすぎたり横に広がる事が無いのでシンボルツリーにもお勧めです。
ただし、日本の気候に合わないゴールドクレストは蒸れやすいので枯れる危険性があり、巨木になりやすいので注意が必要です。
実がなりシンボルツリーにお勧めなのが、ジューンベリーで、白くて可憐な花を咲かせます。
シンボルツリーを選ぶときには、その地域の気候に合う植物を選ばなければならないので、近くのガーデニングショップに売っているものや、街路樹や公園に植えてあるような植物を選んでみてください。
新興住宅街などではお洒落なシンボルツリーが植えてあるお宅がたくさんあって参考になります


ガーデニング人気の本

 

 

 

スポンサードリンク

更新履歴