常緑樹や落葉樹、庭木のシンボルツリー情報・人気おすすめのシンボルツリー

MENU

ゴールドクレスト・ウィルマの育て方

シンボルツリー,落葉,常緑,庭木,ゴールドクレスト

冬場にクリスマスツリーとして人気が出てくるのがこのゴールドクレストです。
室内用の寄せ植えの観葉植物としも人気があります。

 

ゴールドクレストなどは針葉樹(コニファー)に属します。
ヒノキ科 イトスギ属 で樹形は、狭円錐形です。

 

葉からは森林のような香りがただよいます。

 

ゴールドクレストは低温に強いため庭植えしても良い植物のひとつです。

 

明るい場所を好みます。

 

原産国は北米で樹高は20cm以上になります。

 

乾燥には弱いので水をタップリと上げて下さい。
特に室内で育てている場合は、クーラーや温風などで乾燥してしまい枯れてしう事が良くあります。
ただしあまり水やりをしすぎると根草れの原因にもなるので注意。

 

肥料(置肥)等も年2回(春・秋)位で十分ですし、特に病害虫もおらず水やりを気をつければ育て安い品種です。

 


<育て方>

 

 

挿し木で増やすことができます。
明るい場所を好みますので、室内で管理する場合は、できるだけ明るい場所で育てる必要があります。

 

ゴールドクレストの葉が枯れてきた場合は、刈り込みをして新しい芽が出るのを待ちます。
刈り込みをして生垣にすることも出来ます。

 

耐寒性があり0℃以上の地域では冬越えができます。
ゴールドクレストは木になりやすいので、植える場所に気を付けなければなりません。
また、日本の気候に向いていないので、湿気の多い日本では蒸れて枯れる可能性が高いです。
安価な価格で売られていますが、枯らす率が高くあまりオススメできません。


ゴールドクレスト

ゴールドクレストに関する質問

ゴールドクレスト 室内のゴールドクレストは花粉症の原因になる?

クレストを6年くらい持っています。最近鼻水が出る、目の周りが痒い気がするのですが、もしかしてゴールドクレストの花粉が原因なのでしょうか。もしそうだとしたら、花粉が出ないようにする方法はありますか。おしえてください。このゴールドクレスト

室内のゴールドクレストは花粉症の原因になる?の詳細

ゴールドクレスト ゴールドクレスト(庭植え)の植え替え

庭植えのゴールドクレストを植え替えたい(場所を移動)と思ってるんですが、今(梅雨)の時季に行っても大丈夫でしょうか?以前、何かで秋が適季だと見たような気はするんですが、ほとんどの植物は春と秋がいい時季なので

ゴールドクレスト(庭植え)の植え替えの詳細

ゴールドクレスト ゴールドクレストが・・・

ゴールドクレストとアスパラを寄せ植えしています。1ヶ月くらい前に植え替えをしてからアスパラは、新芽もでて順調なのですがゴールドクレストは、茶色くなってどんどん、枯れていきます。どうしたらいいでしょうか?

ゴールドクレストが・・・の詳細

ゴールドクレスト サクラの木とゴールドクレストを持て余しています。

サクラとゴールドクレストが大きくなりすぎて困っております。両方とも二階の屋根までの高さになり日あたりも悪くなり、枯らさないように小さくできないかと?ゴールドクレストは、子供にクリスマスの飾りと一緒に買ってやったもので、サクラは新築の記念に

サクラの木とゴールドクレストを持て余しています。の詳細

ゴールドクレスト ゴールドクレストが成長しない

クリスマスにゴールドクレストを買いましたが、成長がみられません。高さも横幅もほとんど変わっていません。でも枯れている様子は無く、ライトグリーンでキレイです。どうしたもんでしょうか?ゴールドクレストはすぐ大きくなると聞いたことがあるような気

ゴールドクレストが成長しないの詳細

ゴールドクレスト ゴールドクレストが大きくなりすぎてしまいました。

ゴールドクレストを鉢植えで玄関先に置いています。クリスマスには飾り付けをして楽しんでいましたが、どんどん育って天井につきそうです。丈を小さくしたいのですが、先を切ると形が変になりそうで困っています。本当はあの三角

ゴールドクレストが大きくなりすぎてしまいました。の詳細

ゴールドクレストの注意点

シンボルツリー,落葉,常緑,庭木,ゴールドクレスト

ゴールドクレストは元々日本には適していない植物ですから、突然枯れてしまう事があります。
コニファーの中でもあまりオススメできない植物なのですが、簡単に増やす事ができて、安価に売られている事もあり、クリスマスには欠かせない植物となっています。
室内の乾燥した場所では、枯れてしまう事もありますし、日本の湿気の多い気候にも適していません。
庭木として育てると、巨大化してしまう事もあるため、あまり植えられている姿は見る事ができません。
しかし、庭木として立派に成長しているものもあるので、挑戦してみるのも良いですね。


スポンサードリンク