常緑樹や落葉樹、庭木のシンボルツリー情報・人気おすすめのシンボルツリー

MENU

コルムナリスグラウカの育て方

シンボルツリー,落葉,常緑,庭木

コルムナリスグラウカの30cm程度の苗木を購入してみました。
ホームセンターで苗木を380円で購入する事ができました。
葉はブルーエンジェルやスカイロケットのように青みを帯びています。
苗木の頃には平べったい形をしていますが、大きくなるにつれてボリュームが増してきます。
ブルーエンジェルやスカイロケットのように細身のコニファーではなく、ある程度ボリュームの出るタイプです。
樹高は7メートル程にまで成長し、エレガンテシマのような形をしています。
成長も旺盛で1年に20cm程延びますから、苗木の状態から育てても数年ほどで良い樹形になると思います。
植える場所は日向〜半日陰程度で、暑さにはやや弱い性質を持っています。
西日の当たる日当たりの良い場所よりは、1日の日当たり時間が少ない場所へ植えた方が良いでしょう。
青い葉のコニファーは、半日陰の方が青みが強くなって綺麗です。
我が家でも北側で半日陰の場所に植えてみたいと思います。


コルムナリスグラウカの特徴

シンボルツリー,落葉,常緑,庭木

道南での越冬が可能なようですが、道央でも普通にホームセンターで売られている事や、温暖化などの影響もあり道央でも越冬は可能なような気がします。
しかし、高温には弱い植物ですから、温暖地域で育てるのは難しいでしょう。
北海道の道南〜道央までの地域で育てられるコニファーです。
良く肥え排水の良い土壌を好みます。
高温多湿の地域では、病害虫が発生しやすくなりますから、温暖地域では寒さ対策より暑さと湿気対策が必要になってきます。
風通しの良い半日陰などに植えるなど工夫をする必要があります。
ヒノキ科 ローソンヒノキ
ブルー系のコニファーはとても好きなのですが、ブルーエンジェルやスカイロケットなどの苗木と一緒に売られていました。
この2つのコニファーの苗木と比べて、横幅がありボリュームがあったので購入してみました。
まだ平べったいですが、コンテナの寄せ上のポイント使いとしても利用できそうです。
横幅もあり成長も早いということですから、隣家の目隠しとして利用したいと思います。
樹形もエレガンテシマのようでとても綺麗です。

 

コニファーのグランドカバーにはこちらがオススメです。


コルムナリスグラウカに関する質問

コルムナリスグラウカ コニファーについて

この春、庭に隣家からの目隠しのために生け垣を植えようと思っています。今のところ、コニファーを10本ほど植えようと思っていますが、 コニファーにもいろいろ種類があるらしいですね。高さは、1m50cm程ほしいです。おすすめの品種等

コニファーについての詳細

スポンサードリンク