ソヨゴ 育て方

ソヨゴ

ソヨゴの特徴

ソヨゴは新潟県より西の地域に分布する常緑の高木です。北海道以外の本州で栽培可能です。モチノキ料モチノキ属

 

常緑の小さい葉と自然な樹形が好まれ洋風の庭としても利用されています。

 

ソヨゴは根の張りがとても浅く、根は地面の直ぐ下にある感じです。そのため、大きくなると倒れやすくなり、台風などでの倒木には注意が必要です。

 

シンボルツリー

葉は3〜9cmくらいでやや光沢がある葉が付きます。葉が風にそよそよと音を立ててそよぐ事から、このような名前がつきました。

 

そよそよと、そよぐ姿はシンボルツリーに利用されるケースや、公園にも利用されています。ソヨゴの株立ちをシンボルツリーに利用することもあります。

 

秋になればさくらんぼに似た形で、1〜2個の実が長い枝から垂れるような実をつけます。
雌雄異種株の為両方の木を植えなければ、実が付きません。

 

実を付けたいなら、2本植えなければなりません。これは、さくらんぼなどと一緒です。小鳥などにも好まれる実です。

 

ソヨゴ
花は6月頃に咲き、白く小さな花をつけます。

 

目隠し

庭にさりげない目隠しをしたい場合は、生育が穏やかなソヨゴがおススメです。ソヨゴは庭上をしても高木になり過ぎることがなく、適度な目隠しになります。

 

ソヨゴで目隠しをするなら、株立ちの木を選びましょう。日陰でも明るい場所なら、ソヨゴを植えることができます。

 

北海道

ソヨゴは基本的に温かい地域で栽培する木のため、北海道での栽培が難しいでしょう。

 

ソヨゴの育て方

基本的に植え付けは10月〜入梅までに行います。日当たりのやや湿り気のある肥沃な土壌に植えます。バーク堆肥をよくすきこんだ土に浅めに植え付けします。

 

害虫

植え付けして数年は黒班病が出るので落葉した葉は放置せず掃除し、 殺菌剤を定期的に散布します。それ以外ほとんど病害虫はでません。

 

剪定

剪定は、ほとんど必要ありません。剪定を行う場合は、12月〜2月頃に行います。

 

高さは5m〜10程になります。あまり大きくなり過ぎないようにしたい場合は、秋に剪定を行うことで好みの大きさを保ちます。

 

増やし方

ソヨゴは秋に付ける実を使って増やせます。完熟した実を採取して実をよく洗い、ビニール袋に入れて冷蔵庫で保管して翌春に植え付けます。

 

水やり

ソヨゴを庭木として植える場合は、基本的に水やりは必要ありません。植え付けた直後や、若い株の場合は、土の表面が乾いたら水をたっぷり与えます。

 

日当たり

夏の暑い日ざしが苦手なので、直射日光を防ぐ場所に置くことが重要です。病害虫にも大変強く、育てやすい木です。

 

シンボルツリーとして庭木にするのではなく、鉢植えにして玄関前のシンボルツリーとしてもオススメです。

 

肥料の与え方

肥料 2月ごろに寒肥として油粕と腐葉土や堆肥を株周りに穴を掘り与えます。

 

ソヨゴの入手方法

View this post on Instagram

@maimo1022がシェアした投稿 -

ホームセンターなどで販売

ソヨゴはホームセンターや園芸店などで手に入ります。

 

ソヨゴの価格

株立ちになっているソヨゴは1〜2万円程度で売られています。

 

ソヨゴのQ&A

ソヨゴについて(再)

剪定をせず植え付けをすると場合によっては枯れる場合もあるとのこと。本当にソヨゴの植え付けには剪定が必要なのでしょうか?ネットでソヨゴの成長を調べると、かなり遅いとのこと。元のように葉や枝が元気にいっぱい出て
ソヨゴについて(再)の詳細

 

ソヨゴと常緑ヤマボウシを迷ってます - 教えて!goo

ソヨゴと常緑ヤマボウシを迷っています。また植える場所が化粧砂利の上なので、実や花が落ちて掃除がし難いかなぁとの心配があります。人目につく場所に植えるのでそれなりの見栄えする木がいいなぁと思ってます。ソヨゴ
ソヨゴと常緑ヤマボウシを迷ってます - 教えて!gooの詳細

 

アオハダ、ソヨゴに実をつけさせるには?

アオハダとソヨゴの雌株を植えて実を楽しみたいのですが、雄株も一緒に植えた方が良いのでしょうか。場所は山に囲まれた甲府盆地です。花粉が飛んできてうまく受粉するものなのか良く解りません。まずは、雌だけ植え
アオハダ、ソヨゴに実をつけさせるには?の詳細

 

ソヨゴの植える場所(2)

こんにちは。現在ソヨゴを50センチ×50センチの大きさの場所に植えています。
境界ブロック、コンクリート、雨水などの配管が下を走っている(2箇所)の狭苦しいところで、実質、ソヨゴの根が自由になりそうな大きさは50センチ×50センチの大きさなのです。大丈夫でしょうか?


ソヨゴの植える場所(2)の詳細

 

庭木の「ソヨゴ」が枯れかかっています。

玄関先に植わっている「ソヨゴ」の木の葉っぱが、黄色くなって(全体の1/3以上)だいぶ落ちてしまいました。植えてから1年ほど経過しています。もともと冬にもあまりも葉っぱが落ちることは無いと聞いていましたし、
庭木の「ソヨゴ」が枯れかかっています。の詳細

 

【ソヨゴ】って、どんな木ですか?

の葉を付け」「家のシンボルツリーとしてふさわしい」外構屋は1発で【ソヨゴ】という木を提案して来ました。私はあまり樹木に対して知恵がないので、【ソヨゴ】って木がどんな木なのか不明です。上記の3件を満たして
【ソヨゴ】って、どんな木ですか?の詳細

 

ソヨゴの葉が丸くなる。

1回転しています。)(そのソヨゴの全体を見ると、枝の先に葉が束になって巻きついているようで、非常にかっこ悪く見えます。)このソヨゴは家の南側にあり、他の2本のソヨゴに比べ、日照時間が長いため、
ソヨゴの葉が丸くなる。の詳細

 

白樫の虫食、ソヨゴの黒斑

庭の施工をガーデニング業者に頼みました。安くしてもらったためか、白樫は虫食だらけ、ソヨゴ(株立、雄株)は黒斑だらけです。交換をお願いしましたが、交換してもらえるかわかりません。交換なしとすれば、どのような手を加えたら
白樫の虫食、ソヨゴの黒斑の詳細

 

ソヨゴの植え方

こんにちは。1週間ほど前に、植木屋さんに植えてもらったソヨゴの植え方が気になったので詳しい方教えてください。ソヨゴは2メートルの株立ちです。植木屋さんの植え方 ●穴の掘り方● 直径40センチ 深さ30センチくらい掘られてました。
ソヨゴの植え方の詳細

 

成長の遅い常緑

(1)高さは、1.5〜2メートルに留めて(剪定などで)行きたいと思っています。成長が遅く剪定の頻度が少ない木がいいです。
(2)現在植えているソヨゴとハイノキがかなり気に入っているのでその雰囲気の木がいいです。上品な木が好きです。
成長の遅い常緑樹の詳細